株式会社ネットワーク・コーポレーション|Network Corpration

ビル監視システムはオープンソリューションの時代へ

製品情報

L-GATE

L-GATE L-GATE

L-Gateは、EIA-709のネットワーク変数をBACnetサーバオブジェクトにマップするためのANSI/EIA-709/BACnetゲートウエイです。ネットワーク変数パラメータをBACnetオブジェクトに変換するためのLNS Plug-In、または他の構築ツールが用意されています。PCの構築ツールで作成されたアドレス情報をもとに、ネットワーク変数はEIA709ネットワークにバインドされるか、あるいは外部データポイントとして ( ポーリングモード ) 扱われます。

EIA-709サイドでは、このL-GateはTP/FT-10または、イーサネット/IP-852をサポートしています。CEN/TS 15231:2005の仕様に従いネットワーク変数をBACnetオブジェクト対応のアナログの入出力、バイナリ入出力、マルチステート入出力等のオブジェクトにマッピングします。BACnetのプロパティはSNVTのパラメータを自動変換しBACnetオブジェクトとしてデフォルト値が割り付けられます。一つのネットワーク変数が、一つのBACnetオブジェクトとしてマッピングします。構造化ネットワーク変数は、BACnetの各々のメンバーとしてマッピングされます。

BACnetサーバオブジェクトは、BACnetネットワークからアクセスすることが出来ます。また、L-Gateはクライアントとしての機能も備わっています。各サーバオブジェクトは、「クライアントのマッピング」も定義することが出来ます。これらのマッピングによりL-Gateが読み書きできるネットワーク上のBACnetオブジェクトを特定することが出来ます。これらのBACnetオブジェクトをマッピングすることによりユーザーはトレンドログ、スケジュール、通知クラスオブジェクト機能を利用できます。これは、L-Gateが提供するトレンド、スケジュールまた警報等のネットワーク変数をBACnetネットワークに直接流すことを意味します。L-Gateは、色々なLonWorksのネットワーク関連の統計データ、デバイスデータをBACnetネットワークからも取得できます。

特徴

  • ドメイン越えのネットワーク変数のバインド機能
  • 1ポートあたり384ネットワー変数をサポート
  • 1ポートあたり512のエリアスネットワー変数をサポート
  • 1ポートあたり384アドレス・テーブルをサポート
  • 構築ツールは、標準のLonWorks開発ツール使用
  • タイプの異なるSNVT間の変換機能
  • LNS Plug-in標準添付
  • LNS 3.0対応LonMaker、NL220、LonWatcherコンパチ
  • Ethernet越え構築、ファームの書換え可能
  • FT-10/LP-10、TP-12 50、RS-48 5、PLT-2 2のチャンネル対応
  • 温度、供給電源のリモートモニタリング機能
  • リアルタイムクロック搭載
  • LonMarkファンクションプロファイル#3300のリアルタイム・キーパ・オブジェクト対応
  • 9-35V DC / 9-24V AC 電源供給
  • 157×86×60 (L×W×H in mm)
  • DIN-rail (EN 50 022)
Get Adobe Reader
PDFファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
左の画像をクリックしてAdobe Readerをダウンロードしてください。

ページトップへ