株式会社ネットワーク・コーポレーション|Network Corpration

ビル監視システムはオープンソリューションの時代へ

製品情報

L-IP

L-IP

L-IPルータのインストールは簡単です。 IP構成をDHCPにて取得するか、または手動で入力することが出来ます。 ユーザは、EIA-852構成サーバのIPアドレスを取得するだけです。ネットワークアドレス変換(NATかマスカレード)ルータ経由で運用する場合は、L-IPは、ダイナミック・パブリックIPアドレスに対応した自動NATをサポートします。

EIA-852構成サーバを使用すれば、ユーザは、L-IP上のウェブサーバを利用しIPチャンネルを構築し保存することが出来ます。 構成はL-IP上に保持されますので、このL-IPは、スタンドロン機器として動作します。

ルータの設定が終わると、L-IPはパケットをEIA-709ネットワークとIPネットワークの間でルーティングする準備ができます。したがって、L-IP機器に接続されたすべてのEIA-709ネットワーク・データとEIA-852チャンネルのデータを通信可能とします。インターネット等外部との通信を行う場合は、MD5チェックサムとタイムスタンプを利用し、すべてのEIA-852パケットの認証行いセキュリィティを強化することが出来ます。

L-IPはルータとしての主機能だけではなく、LONネットワークの自己診断機能も備えています。簡単で直感的なユーザーインタフェースは、現在のネットワーク状況を迅速に判断します。EIA-852チャンネルとEIA-709ネットワークの状態は、LEDで簡易診断が可能です。

ネットワーク上での詳細な通信解析が必要であれば、リモートLPA ( LOYTEC プロトコル・アナライザー ) を使用しネットワークを解析することができます。

L-SwitchXPとL-IPを使用すれば、広範囲かつ高性能なネットワークインフラストラクチャを構築を簡単に行えます。

機能説明

  • ANSI/EIA-709とIPネットワーク間のパケット・ルーティング ( 10/100Mイーサネット ) 
  • 1個のTP-1250チャンネルを実装 LIP-33ECTBは2個のFT-10チャンネルを装備
  • IP(イーサネット ) ネットワーク経由でANSI/EIA-709パケットのトンネリング
  • EIA-852とENV14908仕様に基いたRouter Modeの構築をサポート
  • 自動 ( スマート ) Switch Modeサポート
  • 簡単なインストレーション、自動NAT、ローミング、DHCP対応
  • 256メンバー、EIA-852構成サーバを実装
  • LPA-IPを使用し、リモートステーションからの遠隔プロトコル解析が可能
  • L-IP上のWEBサーバにてIP-852チャンネル構築
  • MD5認証機能
  • SNTP による時間同期機能
  • 通信テスト機能実装
  • イーサポート、EIA-709ポートを使用したファームの書換え機能
  • LED表示によるネットワーク診断機能
    LED表示によるEIA-709ポートの通信状況表示
    LED表示によるイーサポート通信状況表示
    LED表示によるEIA-852通信状況表示
  • 遠隔からの供給電圧、温度監視機能
  • 12-35 V DC / 12-24 V AC
  • 外形寸法 LIP-1ECT 157×86×60 (L×W×H in mm)
    LIP-3ECTB, LIP-1ECTB, 105×86×60 (L×W×H in mm)
    LIP-33ECTB
    DINレール対応

L-IPを使用した広域な構築例を下記に説明します。 このシナリオでは、遠隔で離れた2箇所の施設間のEIA-709ネットワークを接続しなければいけません。 両方の施設では、EIA-709ネットワークがL-IPルータで会社のIPネットワークに接続されます。L-IP ( CS ) はルーティングの機能性に加え、構成サーバとして機能します。通常、企業間のインターネットは、光ケーブルやDSLで接続され、ネッワークアドレス変換対ルータを使用しファイアウォールでプロテクトされています。 ( L-IPはNAT機能をサポート ) 

ルータをインストールし構築後に、EIA-709ネットワーク上のデータの通信を開始します。L-IPは、Smart Switch Modeで自動的にネットワーク・トポロジーを学習しますので難しい設定は必要ありません。 ネットワークのトラブルシューティングは、LPAプロトコルアナライザをインストールすれば、LAN上のどこのPCからでも各施設で稼動しているLONTALKネットワークを分析することができます。

L-IP1

最適のネットワーク・インフラ・ストラクチャを構築するためにL-IPとL-SwitchXPルータを使用します。分散処理を行うL-SwitchXPが、FT-10のポート間のルーティング処理中に、同時にIPバックボーンを介してリモートL-IPからローカルL-IPにデータ通信を行うことが出来ます。下記の例は、4ポートのFT-10と1ポートのTP-1250構成のL-SwitchXPをL-IPに接続している図です。

L-IP2

注:L-SwitchとL-IPはLOYTECエレクトロニクスGmbHの商標です。

Get Adobe Reader
PDFファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
左の画像をクリックしてAdobe Readerをダウンロードしてください。

ページトップへ