株式会社ネットワーク・コーポレーション|Network Corpration

ビル監視システムはオープンソリューションの時代へ

中小規模ビル監視システム

中小規模ビル監視システムの特徴

中小規模ビル監視システムの特徴

低価格

ハードは全て世界標準の通信規格に準拠した、低価格・高品質の製品で構成されています。
ソフトは大規模システムでの実績のある、SCADAソフト:WebAccess特別版を搭載し、ビル毎に新規開発が不要になるよう構築済です。 ハード・ソフト両面で驚異的な低価格を実現しています。

遠隔監視

遠隔監視

完全Web対応なので、インターネットによる遠隔監視が可能です。この監視機能は、個々のビル内での監視機能と全く同じです。状態の監視だけでなく、スケジュール発停や、変更/修正、機器個別の発停、警報の確認など、各種の操作も同様に遠隔地から実行可能です。

また、高い信頼性を求められる上水道などライフラインの監視にも多くの実績があります。

全てのビルに必要最低限の防災センター要員を配置するだけで、遠隔保守によるビル運用も可能です。

加えて、エネルギー管理のデータなども、インターネット経由で閲覧することができます。これを活用すれば、どのビルの効率が悪いかを直ちに把握することが可能となります。しかもそれを個々のビルまで出向かなくても収集することが可能です。

監視機能

これらの画面は代表的な監視画面・機能の抜粋です。大規模なシステム開発での経験を基に、小規模システムで不要な機能を取り払い、有用な機能だけを抽出しました。

予めパターン化された画面により監視・制御することで、大幅にコストを削減しています。不要な機能に対価を払う必要は全くありません。これらの機能は、遠隔監視でもビル内の監視機能と全く同じに機能します。

監視機能

ページトップへ